コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王粛 おうしゅくWang Su

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王粛
おうしゅく
Wang Su

[生]興平2(195)
[没]甘露1(256)
中国,三国時代の魏の学者。字は子雍。浙江省あるいは山東省の人。後漢の賈逵,馬融の訓詁を修め経書の注解を多く書き,鄭玄の説に対抗した。『孔子家語』『古文尚書孔安国伝』は彼の偽作といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐しゅく〔ワウ‐〕【王粛】

[195~256]中国、三国時代魏(ぎ)学者。東海(山東省)の人。字(あざな)は子雍(しよう)。当時流行していた鄭玄(ていげん)学問を批判して「聖証論」を著し、「尚書」「毛詩」「三礼」「左伝」「論語」に注を施したが、現在は散逸。「孔子家語」は偽作とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうしゅく【王粛 Wáng Sù】

195‐256
中国,三国魏の学者。字は子雍(しよう)。東海(山東省)の人。学者としては父王朗の資質を上回り,学問を基礎に政治にも参与した。賈逵(かき)・馬融の古文学に傾倒し,鄭玄(じようげん)の神秘性をまじえた経学に強く反駁した。《周易》《毛詩》《礼記(らいき)》を始めとする多くの経書に注釈を施し,大儒と仰がれた。孔子言行を記す《孔子家語(こうしけご)》10巻は,彼の偽作とされる。また《偽古文尚書》を彼の名に帰する説もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうしゅく【王粛】

195~256) 中国、三国時代魏の儒学者。字あざなは子雍しよう。鄭玄じようげんの新しい経典注釈を批判し、賈逵かき・馬融の旧説により諸経の注を作った。「孔子家語こうしけご」の偽作者とされ、「偽古文尚書」の作者にも擬される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王粛
おうしゅく
(195―256)

中国、三国魏(ぎ)の政策家、学者。字(あざな)は子雍(しよう)。東海郡(たん)(山東省城県)出身の高官王朗(おうろう)(?―228)の子。しばしば政見を上奏して朝儀に関与し、曹(そう)魏政府の侍中(じちゅう)、太常(たいじょう)、中領軍を歴任、衛(えい)将軍を追贈された。晋(しん)の司馬昭(しばしょう)(文帝)はその女婿(じょせい)。荊州(けいしゅう)の宋忠(そうちゅう)に師事し、後漢(ごかん)前期の賈逵(かき)・馬融(ばゆう)の学に長じ、国家の礼制(諸制度)に新説を提唱し、次の晋代に採用された。『周易(しゅうえき)』『毛詩(もうし)』『三礼(さんらい)』『春秋(しゅんじゅう)三伝』『国語(こくご)』などに注釈し、当時の大儒鄭玄(じょうげん)やその高弟孫炎(そんえん)の学説に反対し、自らが擬作したという『孔子家語(けご)』を引証しては論駁(ろんばく)したのを『聖証論(せいしょうろん)』12巻にまとめた。以後、六朝(りくちょう)期を通じて、経学史のうえで鄭・王両説の論争を引き起こした。[戸川芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の王粛の言及

【偽書】より

…《偽古文尚書》の出現がその典型例となろう。魏の王粛一派は,後漢以来勢力をもっている鄭玄(じようげん)の学説を打ち破るべく,自派に都合のよい《孔子家語(けご)》《孔叢子(くぞうし)》などの仮託の書を偽造した。皇甫謐(こうほひつ)《帝王世紀》も,これは偽書とは呼ばぬが,王粛一派の学説によって書かれた古代史である。…

※「王粛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王粛の関連キーワード読書百遍義自ら見る論語集解六天説李鼎祚金万重浙江省訓詁古注だて三余注解後漢旧説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android