コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調子のよい鍛冶屋

デジタル大辞泉プラスの解説

調子のよい鍛冶屋

ドイツ生まれのイギリスの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのハープシコード曲(1720)。原題《The Harmonious Blacksmith》。ハープシコード組曲第5番、第4曲『エアと変奏』を指す。『愉快な鍛冶屋』とも呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうしのよいかじや〔テウシのよいかぢや〕【調子のよい鍛冶屋】

《原題、The Harmonious Blacksmithヘンデルのハープシコード組曲第5番ホ長調の第4楽章「エアと変奏」の通称。1720年作曲。鍛冶屋が軽快にハンマーを叩く音を連想させることに由来するとされるが、詳細は不明。別邦題「愉快な鍛冶屋」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android