コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論ずる物は中から取れ ロンズルモノハナカカラトレ

デジタル大辞泉の解説

論(ろん)ずる物は中から取れ

相争っているときは、第三者がそれを取ってしまえ。または、二人の間を調停せよ。
「昔より―といふ。是は身共が取ってのくぞ」〈虎寛狂・茶壺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろんずるものはなかからとれ【論ずる物は中から取れ】

相争っているとき、第三者が中にはいってそれをとる。争う物は中より。 「 -といふ事が有る程に、是は某それがしがとるぞ/狂言・茶壺」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

論ずる物は中から取れの関連キーワード論ずる身共