身共(読み)みども

精選版 日本国語大辞典「身共」の解説

み‐ども【身共】

〘代名〙 (自称代名詞の「み(身)」に接尾語「ども」が付いたもの。「ども」が付いても単数として使われる) 自称。目下に対する尊大な言い方「身(み)」に比べ、同輩または目下の者に対してあらたまった感じで用いる。本来男子の用語であるが、女子も用いた。
(イ) 男子が用いる場合。本来武士階級の用語であるが、町人も用いた。
※謡曲・夜討曾我(1480頃)「みどもは手足が震うてならぬほどに、近頃慮外なれども帯をしてくれさしめ」
(ロ) 女子が用いる場合。男っぽい、乱暴な感じで用いた。
※虎明本狂言・乳切木(室町末‐近世初)「某一人はなるまひほどに、おんでもなひ事身共もゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「身共」の解説

み‐ども【身共】

[代]一人称の人代名詞。われ。わたし。対等、またはそれ以下の者に対して改まった感じで用いる。
「―がよい所へやってしんぜう」〈虎清狂・猿座頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android