(読み)アン

  • そらに・す
  • そらん・じる
  • そらん・ずる
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ変〙 暗誦する。暗記する。そらんずる。
※大唐西域記巻十二平安中期点(950頃)「其の理を究めずして、多く其の文を諷(ソラニス)
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「そらんずる(諳)」が上一段活用に転じた語) =そらんずる(諳)
〘他サ変〙 そらん・ず 〘他サ変〙 (「そらにす」の変化した語) そらでおぼえる。暗記する。暗誦する。そらんじる。
※太平記(14C後)一二「文は漢魏芳潤を、漱(くちすすい)で万巻の書を諳(ソラン)じ給しかば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android