コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗唱/暗誦/諳誦 アンショウ

2件 の用語解説(暗唱/暗誦/諳誦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あん‐しょう〔‐シヤウ|‐シヨウ〕【暗唱/暗×誦/××誦】

[名](スル)暗記したことを口に出して唱えること。あんじゅ。「詩を―する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暗唱
あんしょう

与えられた学習材料の全部または一部を暗記して、それを口述で再生すること。暗誦とも書き、そら読みともいう。江戸時代の漢学教育では、意味のわからないまま、ただ文字をたどって師匠の読むとおりに読み、それを繰り返して暗唱するという「素読(そどく)」の方法がとられていた。西欧においても19世紀なかばころまでの学校の授業形態は、もっぱら暗唱させることであった。キリスト教の教義問答、祈りの文句、聖書、ラテン語の名文章や名演説などを暗唱させていた。しかし近代になって、暗唱を主とする教科の学習法(暗唱法)は強い批判を浴びるに至った。それは、理解や思考、学習者の主体性や自発性、学習者間の共同や民主的態度、創造性や個性などが無視されているという批判であった。こうして授業形態としての暗唱法はしだいに姿を消していった。
 しかし最近では、新しい意味で、暗唱の価値が見直され始めている。それは、かつての棒暗記ではなく、記憶の効果的な方法としての暗唱で、よく理解したうえでの記憶、相互関連的な記憶、機械的な反復ではない効果的な反復などを重視した暗唱である。[大槻和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗唱/暗誦/諳誦の関連キーワード打ち出づ記誦口唱口にする言立つ誦習食言棒暗記丸暗記言表す

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone