コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗唱/暗誦/諳誦 アンショウ

デジタル大辞泉の解説

あん‐しょう〔‐シヤウ|‐シヨウ〕【暗唱/暗×誦/××誦】

[名](スル)暗記したことを口に出してえること。あんじゅ。「を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暗唱
あんしょう

与えられた学習材料の全部または一部を暗記して、それを口述で再生すること。誦とも書き、そら読みともいう。江戸時代の漢学教育では、意味のわからないまま、ただ文字をたどって師匠の読むとおりに読み、それを繰り返して暗唱するという「素読(そどく)」の方法がとられていた。西欧においても19世紀なかばころまでの学校の授業形態は、もっぱら暗唱させることであった。キリスト教の教義問答、祈りの文句、聖書、ラテン語の名文章や名演説などを暗唱させていた。しかし近代になって、暗唱を主とする教科の学習法(暗唱法)は強い批判を浴びるに至った。それは、理解や思考、学習者の主体性や自発性、学習者間の共同や民主的態度、創造性や個性などが無視されているという批判であった。こうして授業形態としての暗唱法はしだいに姿を消していった。
 しかし最近では、新しい意味で、暗唱の価値が見直され始めている。それは、かつての棒暗記ではなく、記憶の効果的な方法としての暗唱で、よく理解したうえでの記憶、相互関連的な記憶、機械的な反復ではない効果的な反復などを重視した暗唱である。[大槻和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

暗唱/暗誦/諳誦の関連キーワード広瀬彩海(こぶしファクトリー)ラーム・チャリット・マーナスマドラサ(イスラム神学校)ウェストミンスター教理問答レシテーション花まる学習会石田絵里子高丸えみり川添永津子鈴木千絵里多田麻里絵機械的記憶ナービー髙橋愛羅丸山歩夢アルバムマクタブシーター秋山玉山高橋美来

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android