コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊太閤 ホウタイコウ

大辞林 第三版の解説

ほうたいこう【豊太閤】

〔「太閤」は関白を退いた人の敬称〕 豊臣秀吉の敬称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の豊太閤の言及

【豊臣秀吉】より

…自己を神秘化し天皇との関係を強調する,まったく虚妄の物語が作られることは,一面では豊臣政権の性格を暗示するものといえよう。 秀吉の出自が無名の名主百姓層であることは,専制権力者という面を見失わせ,江戸時代においても庶民の間に〈豊太閤(ほうたいこう)出世物語〉として素朴な共感を抱かせるもととなったが,明治以後はそれが増幅して作り変えられ,英雄崇拝の観念と結びついていった。とくに戦前では〈大東亜共栄圏の先駆者〉として賞賛するような風潮もあったことを考える必要があろう。…

※「豊太閤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊太閤の関連キーワード茂山 千作(2代目)茂山千五郎(10代)鳥井 信治郎坂田 耕雪滝 廉太郎滝廉太郎大村由己石田軍記福本日南天瑞院高台院提喩醍醐太閤関白

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊太閤の関連情報