コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金支払の5原則 ちんぎんしはらいのごげんそく

2件 の用語解説(賃金支払の5原則の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

賃金支払の5原則

労働基準法第24条で定められた賃金の支払い方に関する規定。同条第1項の「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」、第2項の「賃金は、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」という規定にもとづき、5原則と呼ばれている。具体的には、1)通貨払の原則、2)直接払の原則、3)全額払の原則、4)毎月1回以上払の原則、5)一定期日払の原則の5つとなる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

賃金支払の5原則

・労働の対価としての賃金を支払う際の原則で、労働基準法24条に定められているもの。
・①通貨払い、②直接払い、③全額払い、④毎月最低1回支払、⑤一定期日払いを指す。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賃金支払の5原則の関連キーワード休業補償残業手当超過勤務手当賃金労働基準局最低賃金残業深夜業労働基準監督官同一価値労働同一賃金と労働基準法4条

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone