対価(読み)たいか

精選版 日本国語大辞典「対価」の解説

たい‐か【対価】

〙 財産・労力などを他人に与えまたは利用させた場合に、その報酬として受け取る財産上の利益
民法(明治二九年)(1896)八八条「物の使用の対価として受くべき金銭其他」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対価」の解説

たい‐か【対価】

他人に財産・労力などを提供した報酬として受け取る財産上の利益。
[類語]料金代金勘定会計支払い精算愛想あいそ愛想あいそお代清算決済代価手数料月謝有料手間賃賃金使用料送料倉敷料原稿料入場料木戸銭授業料口銭湯銭運賃借り賃貸し賃宿賃店賃たなちん家賃間代部屋代室料席料席代下宿代場所代場代地代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android