赤い木造倉庫(読み)あかいもくぞうそうこ

世界の観光地名がわかる事典の解説

あかいもくぞうそうこ【赤い木造倉庫】

フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)の東約50km、同国南海岸の都市ポルヴォー(Porvoo)の市街を流れるポルヴォー川東岸に並ぶ赤い外壁の倉庫群。ヘルシンキからポルヴォーまではバスで約1時間かかる。ポルヴォーは、フィンランドではトゥルクに次いで2番目に古いとされる町で、その旧市街にはフィンランド独特のパステルカラーの木造の建築物が建ち並んでいる。この倉庫群も、そうした伝統的な建築物の一つで、18世紀に建てられたものである。◇この川岸の赤い木造倉庫は、世界遺産の登録申請が検討されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android