赤い鳥文学賞(読み)アカイトリブンガクショウ

デジタル大辞泉「赤い鳥文学賞」の解説

あかいとり‐ぶんがくしょう〔‐ブンガクシヤウ〕【赤い鳥文学賞】

文学賞の一。年に1回、優れた児童文学作品に贈られる。昭和46年(1971)創設、平成22年(2010)第40回で終了。→赤い鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android