コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤の宮殿 アカノキュウデン

デジタル大辞泉の解説

あか‐の‐きゅうでん【赤の宮殿】

Palazzo Rosso》イタリア北西部、リグリア州の都市ジェノバにある宮殿。17世紀後半、ブリニョーレ=サーレ家の邸宅として建造。名称はファサードの赤い石材による切石装飾に由来する。現在はファン=ダイクデューラーなどのフランドル絵画を展示する美術館になっている。同宮殿があるガリバルディ通りは16世紀から17世紀にかけて整備された「レ‐ストラーデ‐ヌオーベ」(新しい街路群)の一であり、当時の富裕貴族が建てた多くの宮殿が立ち並ぶ。2006年に「ジェノバのレ‐ストラーデ‐ヌオーベとパラッツィ‐デイ‐ロッリ制度」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ロッソ宮殿。→白の宮殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤の宮殿の関連情報