赤城山人(読み)あかぎさんじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤城山人 あかぎさんじん

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
文化(1804-18)ごろの人。江戸小日向(こひなた)にすみ,書店をいとなむかたわら,「金剛力士武道礎(いしずえ)」などを執筆した。通称は本屋忠五郎。別号守信亭,赤城山家女。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android