コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤斑病(レッドトップ)

1件 の用語解説(赤斑病(レッドトップ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

赤斑病(レッドトップ)

北海道で発生する糸状菌病。病斑は葉に形成され、初め赤褐色であるが、後に灰白色になり、葉脈に区切られた長方形病斑になる。病斑周囲には赤紫色のハローができ、病斑は相互に融合して葉枯を引き起こす。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤斑病(レッドトップ)の関連キーワード斑点病(オーチャードグラス)夏葉枯病(オーチャードグラス)すじ黒穂病(オーチャードグラス)黒斑病(レッドトップ)すじ黒穂病(レッドトップ)褐点病(ローズグラス)毛すじ病(ローズグラス)すす葉枯病(ローズグラス)べと病(アルファルファ)茎割病(クリムソンクローバ)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone