灰白色(読み)かいはくしょく

色名がわかる辞典「灰白色」の解説

かいはくしょく【灰白色】

色名の一つ。わずかに灰色を含む色。湿潤冷帯気候の針葉樹林地域に分布するポドゾルと呼ばれる地層が、やや灰色がかった白色で灰白と訳される。ほかに、金属などの隙間を埋めるパティに灰白色が多い。また、一見すると白に見えるが、やや白からずれている色をもさす。オフホワイトに近い概念。特定のある色というよりは、白に近い色でほかに形容しがたい色の総称でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「灰白色」の解説

かいはく‐しょく クヮイハク‥【灰白色】

〘名〙 灰色がかった白色。灰白。〔病論俗解集(1639)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「七十許の高齢にて頭髪鬚髭共に灰白色にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android