コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉脈 ようみゃくvein

翻訳|vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉脈
ようみゃく
vein

葉面を走る維管束系の筋をいう。脈の全体の走行が,双子葉植物で網状で,単子葉植物で平行脈となっていることは,分類上の大きな特徴の一つである。針葉樹でも,葉面のやや扁平なものでは中央脈は明瞭であり (ラカンマキなど) ,ナギのように広い葉面に平行脈をもつものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐みゃく〔エフ‐〕【葉脈】

葉にみられる、維管束のすじ。茎と連絡して水や養分を供給し、合成産物を運ぶ通路の役をする。配列により平行脈網状脈などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようみゃく【葉脈】

葉身内を走る維管束系。その配列の仕方から平行脈と網状脈とに分ける。 →

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉脈
ようみゃく

厳密には葉の維管束をいうが、普通には葉の維管束とこれを取り巻く部分からなる脈状部位をいう。比較的大きな葉脈は肉眼でも容易に認めることができる。葉に分布する葉脈の配列様式を脈系(脈理)といい、さまざまな脈系が知られている。シダ植物の葉によくみられる二又脈(二又脈系)は、1本の葉脈が二又に分かれ、それぞれがさらに二又に分かれるということを繰り返す脈系で、この様式は裸子植物のイチョウの葉にもみられる。単子葉植物に普通にみられるのは平行脈(平行脈系)である。これは、おもな葉脈が平行な脈系である。双子葉植物の葉では網状(もうじょう)脈(網状脈系)が普通である。これは、おもな葉脈が網目をつくる脈系である。網状脈のうち、葉の中央に中央脈(主脈)をもち、その左右に側脈を葉縁に向かって出すものを羽状脈(羽状脈系)といい、とくに目だつ中央脈をもたずに、いくつかの大きい葉脈が手のひら状に分布するものを掌状脈(掌状脈系)という。羽状脈はサクラの類、ケヤキなどでみられ、掌状脈はヤツデ、カエデの類にみられる。
 二又脈では細脈に至るまで二又状の枝分れを示すが、平行脈ではおもな葉脈の間を結ぶ結合脈があり、結局は網目状となる。網状脈でもおもな葉脈の間にはさらに細脈が脈目をつくる。このようにして細脈は葉肉の細胞への水や養分の供給、さらに合成産物の搬出の役割を果たしている。
 葉脈は茎や根の維管束と同様に、木部と篩部(しぶ)をもつ。木部と篩部とは対(つい)をつくり、普通は木部が上、篩部が下となっている。また、茎の中の維管束は、普通は木部が内側、篩部が外側であるため、葉の維管束である葉脈の木部と篩部とは立体的に茎の木部と篩部とに連絡することとなる。このようにして根から送られてくる水や無機養分は、木部を通って葉の中の細胞へと送り込まれる。また、葉の葉肉の細胞でつくられた合成産物は篩部を通って茎へ送られ、さらにシュート(苗条(びょうじょう))の他の部分や根に送られて利用されることとなる。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葉脈の言及

【葉】より

…複葉では中軸の維管束が分枝して羽軸に入り,枝分れして小葉や裂片の主脈となる。単葉の場合,葉跡はそのまま葉の中肋の維管束となり,それから枝分れした維管束が葉脈veinとなる。葉身にいろいろの模様をつくる葉脈は,葉へ入ってきた維管束とそれをとり巻く特殊な組織とでつくられる構造である。…

※「葉脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉脈の関連キーワード黄さび病(オーチャードグラス)赤斑病(レッドトップ)グロッソプテリスフィットニアナンタイシダアオネカズラタキミシダクリハラン高野苔忍木の葉石筋一つ葉木の葉虫植物繊維溝羊歯丁子菊針描き角斑病羽状脈叉状脈等面葉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉脈の関連情報