コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超新星爆発 チョウシンセイバクハツ

デジタル大辞泉の解説

ちょうしんせい‐ばくはつ〔テウシンセイ‐〕【超新星爆発】

質量の大きな星が恒星進化の最終段階に達して起きる大爆発。この爆発により突然明るさを増す現象、またはその輝きが観測されたものを超新星という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の超新星爆発の言及

【重力崩壊】より

…その際に衝撃波が発生し,これが星の外層に伝わってそれを吹き飛ばす。超新星爆発である。しかし中心核の質量が太陽の2倍程度より大きい重い星の場合には,重力崩壊はどこまでも続き,ついには一般相対性理論による時空の曲りが問題になってきて,崩壊は止まるところを知らない。…

※「超新星爆発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

超新星爆発の関連キーワードファウラー(William Alfred Fowler)シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量ウィリアム・アルフレッド ファウラーショックブレークアウトハイパーカミオカンデスーパーカミオカンデKAMIOKANDEニュートリノ天文学超新星ニュートリノガンマ線バースターチャンドラセカールスターバースト銀河全天X線監視装置ラン ウォルチェニュートリノ放射ブラックホール消滅放射性核種宇宙線の起源ニュートリノγ線バースト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超新星爆発の関連情報