越山 太刀三郎(読み)コシヤマ タチサブロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

越山 太刀三郎
コシヤマ タチサブロウ


肩書
衆院議員(庚申倶楽部)

生年月日
文久3年5月(1863年)

出身地
三重県津市

学歴
滋賀県師範学校卒

経歴
教師となり、間もなく上京、日報社(後の東京日日新聞)社長の伊東巳代治に認められ日報社代表社員となった。次いで帝国商業銀行、東京電燈会社監査役、東台銀行会長、大正板硝子取締役を務めた。衆院議員当選2回。

没年月日
昭和4年6月11日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android