越山 太刀三郎(読み)コシヤマ タチサブロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

越山 太刀三郎
コシヤマ タチサブロウ


肩書
衆院議員(庚申倶楽部)

生年月日
文久3年5月(1863年)

出身地
三重県津市

学歴
滋賀県師範学校卒

経歴
教師となり、間もなく上京、日報社(後の東京日日新聞)社長の伊東巳代治に認められ日報社代表社員となった。次いで帝国商業銀行、東京電燈会社監査役、東台銀行会長、大正板硝子取締役を務めた。衆院議員当選2回。

没年月日
昭和4年6月11日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android