東京日日新聞(読み)とうきょうにちにちしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京日日新聞
とうきょうにちにちしんぶん

現在の『毎日新聞』 (東京) の前身で,明治5 (1872) 年2月 21日創刊された東京初の日刊紙。創刊者は戯作者の条野伝平,浮世絵師の落合芳幾らで,江藤新平らが後援した。 1873年に岸田吟香が入社。 74年には福地源一郎が社長となり民権運動のなかで御用新聞の色を濃くしたが,88年に黒田清隆内閣 (薩摩系) が成立すると,伊藤博文ら長州閥に近かった福地は退社した。やがて伊東巳代治の手に移り,92年には朝日奈知泉が主筆となり,1904年 10月加藤高明 (三菱系) の所有となった。 06年『大阪毎日新聞』の本山彦一は東京進出を志し,『電報新聞』 (1903創刊) を買収して『毎日電報』と改題したが経営不振であった。 11年に本山は加藤が官界復帰のため手放した『東京日日新聞』を三菱から買収し,『毎日電報』もこれに統合した。こうして西の『大阪毎日』,東の『東京日日』という全国紙体制が明治末年に整った。 23年の関東大震災では社屋も焼けず,大阪からの援助もあって急激に発展。大正天皇崩御の直後,「次の元号は光文と決定」という号外を出す大誤報事件を起したが,29年には『国民新聞』を去った徳富蘇峰社賓に迎え,『近世日本国民史』の連載を開始,好評を受けた。 43年1月1日から『大阪毎日新聞』と題字を統一し『毎日新聞』になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東京日日新聞【とうきょうにちにちしんぶん】

東京で刊行された最初の日刊新聞。1872年2月21日に戯作者条野採菊(山々亭有人)らによって創刊され,1873年には岸田吟香が入社し,1874年には福地桜痴が社長に就任した。政府寄りの大新聞(大新聞・小新聞)としての地位を固めたが,自由民権運動の高まりの中で御用新聞との批判が強まり,福地は退社,以後,関直彦伊東巳代治の社長時代を経て,1904年に三菱の加藤高明の手に渡った。しかし経営不振からは脱却できず,1911年には《大阪毎日新聞》の本山彦一の経営となる。関東大震災後は部数を急伸させた。1943年1月からは《大阪毎日新聞》と題字を統一して《毎日新聞》となった。
→関連項目阿部真之助時事新報末松謙澄丹下左膳千葉亀雄郵便報知新聞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東京日日新聞

日本の新聞のひとつ。1872年2月、東京初の日刊紙として創刊。のちに入社した福地桜痴(おうち)が社説を担当、代表的な大新聞(おおしんぶん)としての地位を固める。その後、自由民権運動が盛んになると“御用新聞”との批判を受けるようになり勢力は失墜、福地も退社した。1911年、「大阪毎日新聞」の傘下に入り、1943年から「毎日新聞」となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうにちにちしんぶん【東京日日新聞】

東京における最初の日刊新聞で,現在の《毎日新聞》東京本社の前身にあたる。1872年(明治5)2月に条野伝平らによって設立された日報社より創刊された。74年末に入社した福地桜痴(おうち)が社説欄を創設,政府御用新聞としての立場を鮮明に打ち出し,自由民権派の政論新聞に対抗して健筆をふるった。明治前期には岸田吟香末松謙澄らも活躍した。80年前後からの政府批判の高まりとともに御用新聞批判が強まり,しだいに勢力を弱め,88年福地は社長の座を関直彦(1857‐1934)に譲り,退社した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょうにちにちしんぶん【東京日日新聞】

1872年(明治5)創刊された日刊新聞。福地源一郎が民権論に対抗する論陣を張った。1943年(昭和18)「毎日新聞」に吸収される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京日日新聞
とうきょうにちにちしんぶん

1872年(明治5)2月21日に創刊された東京初の日刊紙。条野採菊(じょうのさいぎく)(戯作(げさく)者)、落合芳幾(よしいく)(浮世絵師)、西田伝助(本屋の番頭)が発刊した新聞だが、翌73年甫喜山(ほきやま)景雄、岸田吟香(ぎんこう)が入社、岸田は74年5月台湾出兵に初めて従軍、紙上をにぎわわせた。ついで福地桜痴(おうち)が入社、12月2日から社説を掲載するとともに「太政官(だじょうかん)記事印行御用」を掲げて権威を高め、代表的大(おお)新聞としての性格と地位を固めた。以後、福地の論説は政府ならびに各界に影響を及ぼすとともに、政府の官報の役割を果たした。
 しかし、自由民権運動が盛んになるとともに、福地の主権在君論や漸進主義は、しだいに「御用記者」との批判を強め、82年、福地が政府支持の帝政党を組織したころから『東京日日新聞』の勢力は失墜し始めた。85年には勢力挽回(ばんかい)のため、わが国で初めて朝夕刊発行を1年間試みたりしたが形勢は変わらず、88年7月福地は退社、以後、関直彦(せきなおひこ)、伊東巳代治(みよじ)、朝比奈知泉(ちせん)が主宰し、伊藤博文(ひろぶみ)、井上馨(かおる)、山県有朋(やまがたありとも)らの長州閥系紙となる。日露開戦のときは、伊藤の政策を支持、最後まで対露外交交渉を説いた。1904年(明治37)三菱(みつびし)の手に渡るが欠損が続き、11年3月『大阪毎日新聞』の経営下に入り、全国紙へと発展(題号はそのまま)、43年(昭和18)1月『毎日新聞』に題号を統一した。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とうきょう‐にちにちしんぶん トウキャウ‥【東京日日新聞】

東京最初の日刊新聞。明治五年(一八七二)創刊。岸田吟香の雑報、福地源一郎(桜痴)の論説で声価が高かった。同四四年大阪毎日新聞に吸収された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の東京日日新聞の言及

【大新聞・小新聞】より

…さらに大新聞の記者が旧幕臣を中心とした士族出身であるのに対し,小新聞の記者は戯作者を中心とした庶民出身であった。読者層でも両者の識別は鮮明で,〈日々新聞ノ如キ紙幅大ニシテ,且ツ勿論其議論高尚ナルヲ以テ,中等以上ノ人民之レヲ読ミ,又夫ノ仮名付小新聞ノ如キハ,平均セバ下等社会ノ読ム所ナルベケレ〉(《東京日日新聞》1878年2月13日)といわれるように,大新聞は中・上流社会に,小新聞は下流社会に,主として読まれていた。 大新聞は政論新聞ともいわれた。…

【御用新聞】より

…御用新聞であることが,官尊民卑の風潮のなかで民衆からの信用と尊敬をえるのに大きく役だった。1874年に《東京日日新聞》が太政官記事御用達を掲げだすと,部数は急増し,社長兼主筆の福地桜痴の名声も高まった。しかし自由民権運動の高まりとともに,政府批判と御用新聞批判が連動し,御用新聞の代表格である《東京日日新聞》への批判が高まってきた。…

【新聞】より


【日本の新聞の特徴】
 (1)日本の新聞は,一般紙の多くが朝・夕刊を一組として発行する〈ワンセット制〉を採用している。これは1885年《東京日日新聞》,岡山の《山陽新報》が始めたのが最初だが,時期尚早で永続せず,年内に朝刊のみに復した。しかし1906年《報知新聞》が日露戦争後,ニュース量が増えたことに伴いワンセット制とし,さらに15年《大阪朝日新聞》《大阪毎日新聞》が,第1次大戦の速報と大正天皇即位式典に伴うニュース量の増大に対処するために朝・夕刊発行に移行して以後,ワンセット制が各紙に採用されることとなった。…

【報道写真】より

… 画像による伝達と言語による伝達は互いに機能特性が異なり,そのため古くから言語を補う意味で,新聞などの印刷媒体には挿絵(イラストレーション)が利用されていた。1872年(明治5)に発刊した日刊紙《東京日日新聞》でも錦絵が使われていたという。この時点ではすでに写真は実用化していたのだから,その新聞への利用も当然考えられることであったが,写真が大量印刷で使用されるようになるのはずっと遅れて,20世紀初頭になってからである。…

【毎日新聞】より

…日本の代表的新聞の一つ。《大阪毎日新聞(《大毎》)》と《東京日日新聞(《東日》)》がその前身。《大毎》は1876年2月,西川甫(はじめ)(1831‐1904)を社主に《大阪日報》として創刊,82年筆禍対策の〈身代り紙〉として興された《日本立憲政党新聞》に事実上受け継がれた(号数もこれから継承している)。…

※「東京日日新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京日日新聞の関連情報