コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上京 カミギョウ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ぎょう〔かみギヤウ〕【上京】

京都市北部の三条通り以北の、御所を中心とする地域。
京都市北部の区名。明治22年(1889)の市制下京区とともに成立、昭和4年(1929)左京・中京・東山各区を、同30年北区を分離。御所・府庁・西陣織物会館がある。

じょう‐きょう〔ジヤウキヤウ〕【上京】

[名](スル)地方で暮らす人が都に行くこと。特に東京へ行くこと。「息子に会いに上京する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上京【かみぎょう】

上京・下京

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみぎょう【上京】

京都の地名。平安末期から鎌倉初期にかけて,かつての平安京右京は土地湿潤のためにすたれ,人々は左京へ移住した(《方丈記》)。このため京域は南北に細長い区画となり,条坊の範囲を越え公家邸も北へと延びはじめた。こういった経過から,旧来の東・西(左・右)から上・下という新たな地域概念が発生するが,1275年(建治1)には記録上に〈上・下町中〉の記述もあらわれる(《思円上人一期形像記》)。次いで14世紀末から15世紀にかけて,火災記事などに〈上辺・下辺〉〈上京・下京〉などの用例が数多くみえるようになり(《山科家礼記》ほか),このころには上京・下京が独立した集落を形成していたことがうかがえる(当時の両京の境は二条通付近)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみぎょう【上京】

京都市の区の一。御所・京都府庁がある。
京都の北部、内裏を中心とした一帯の地。

じょうきょう【上京】

( 名 ) スル
地方から都へ行くこと。現在は、東京へ行くこと。 「兄を頼って-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上京の言及

【京都[市]】より

…低湿な右京(西部)はやがてさびれ,高燥な東部,北部へと発展し,平安京の東縁であった鴨川の東へも早くから市街が広がった。 市制施行時には面積は約30km2で,上京,下京の2区のみであったが(現在の両区とは範囲が異なる),その後市域が拡大し,1929年には上京,下京,中京,左京,東山の5区となった。31年には伏見市などを編入して伏見区,右京区が設けられ,第2次世界大戦後にはさらに北方の丹波高地や南西方の町村を合わせ,59年約610km2の現市域が成立した。…

【平安京】より

…他方,市街地の北と南の区別が二条通(大内裏南辺の東西路)を境にしてなされ,上辺(かみわたり),下辺(しもわたり)の称も生まれた。のちの上京,下京である。
[京の住民]
 記録の上で平安京にのみ見られるものに諸司厨町(しよしくりやまち)がある。…

※「上京」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上京の関連キーワード京都府京都市上京区阿弥陀寺前町京都府京都市上京区安楽小路町京都府京都市上京区伊勢殿構町京都府京都市上京区東上善寺町京都府京都市上京区阿弥陀寺町京都府京都市上京区尼ケ崎横町京都府京都市上京区金馬場町京都府京都市上京区藪之下町京都府京都市上京区薬師前町京都府京都市上京区東千本町京都府京都市上京区社突抜町京都府京都市上京区東神明町京都府京都市上京区石薬師町京都府京都市上京区愛染寺町京都府京都市上京区継孝院町京都府京都市上京区三条殿町京都府京都市上京区讃州寺町京都府京都市上京区柳風呂町京都府京都市上京区森之木町京都府京都市上京区柳図子町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上京の関連情報