コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東巳代治 いとう みよじ

8件 の用語解説(伊東巳代治の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊東巳代治

政治家。長崎県生。別号は晨亭。伊藤博文の知遇を受け、累進して伊藤内閣秘書官、書記官長、農商務相を歴任した。東京日日新聞社社長。伯爵。昭和9年(1934)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐みよじ〔‐みよヂ〕【伊東巳代治】

[1857~1934]政治家。長崎の生まれ。伊藤博文に認められ、明治憲法の制定に参画。伊藤内閣の書記官長・農商務相を歴任。東京日日新聞社社長として、政府擁護の論陣を張った。のち、枢密顧問官

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊東巳代治【いとうみよじ】

政治家。長崎の町年寄出身。1882年憲法制定準備のため伊藤博文に随行渡欧。帰国後制度取調局御用掛として法制整備にあたる。1898年第3次伊藤内閣の農商務相。1899年枢密顧問官
→関連項目東京日日新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東巳代治 いとう-みよじ

1857-1934 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
安政4年5月7日生まれ。明治15年伊藤博文にしたがい渡欧。憲法や諸法典の起草・制定に参画した。第2・第3次伊藤内閣で書記官長,農商務相をつとめる。32年枢密顧問官。のち政界の裏面で活躍,強硬外交を支持した。東京日日新聞社長。昭和9年2月19日死去。78歳。肥前長崎出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうみよじ【伊東巳代治】

1857‐1934(安政4‐昭和9)
明治~昭和前期の官僚政治家。長崎の生れ。英学を修め,上京して工部省電信寮の官費生となる。1873年兵庫県訳官となったが,76年工部省に出仕,参議兼工部卿伊藤博文の知遇をうける。内務省太政官参事院に転じ,82年伊藤の憲法調査に従って渡欧した。帰国後,制度取調局御用掛として華族令はじめ立憲制移行にともなう法制整備に当たるとともに,85年伊藤を補佐して天津条約の締結に努めた。第1次伊藤内閣では首相秘書官として井上毅らとともに憲法や衆議院議員選挙法など憲法付属の法典の起草に当たり,89年からは枢密院書記官長としてそれら法典の審議を促進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとうみよじ【伊東巳代治】

1857~1934) 官僚・政治家。長崎の生まれ。大日本帝国憲法の起草・制定に参画。のち、枢密顧問官となり、枢密院内に勢力を扶植ふしよく、時の内閣を牽制けんせいして対外積極策を主張。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東巳代治
いとうみよじ

[生]安政4(1857).5.9. 長崎
[没]1934.2.19. 東京
政治家,伯爵。 1883年伊藤博文の憲法調査研究の渡欧に随行し,88年の明治憲法草案起草を助けた。 89年,枢密院書記官長,98年,第3次伊藤内閣の農商務相,99年枢密顧問官を歴任。東京日日新聞社長もつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東巳代治
いとうみよじ
(1857―1934)

明治から昭和時代の官僚、政治家。安政(あんせい)4年5月7日、長崎に生まれる。英語を学び、1871年(明治4)上京して工部省電信寮の修技教場に入学した。長崎電信局、兵庫県訳官を経て1876年ふたたび上京。伊藤博文(いとうひろぶみ)の知遇を得て工部省に採用され、以後、伊藤のもとでその能力を発揮していった。1882年伊藤の憲法調査に随行して渡欧し、帰国後、大日本帝国憲法の起草に従事。1889年以降、枢密院書記官長、第二次伊藤内閣の書記官長、第三次伊藤内閣の農商務大臣を歴任し、政党工作に活躍した。1891年から1904年(明治37)にかけて東京日日新聞社社長。1899年枢密顧問官となって以後は、山県有朋(やまがたありとも)系の官僚政治家として政界の裏面で暗躍した。1917年(大正6)臨時外交調査会委員となり、単独シベリア出兵論を主張。また、親政友会的立場にたって、1927年(昭和2)の金融恐慌の際に若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣を攻撃して倒壊させ、1930年のロンドン海軍軍縮条約問題でも強硬外交を支持して、浜口雄幸(はまぐちおさち)内閣を激しく攻撃した。昭和9年2月19日死去。「伊東巳代治文書」は、現在国立国会図書館が所蔵している。[大日方純夫]
『晨亭会編・刊『伯爵伊東巳代治』2巻(1938)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊東巳代治の関連キーワード官僚主義官僚政治官僚政治モデル政治主導井上孝哉喜多孝治熊谷巌俵孫一西脇晋牧朴真

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東巳代治の関連情報