コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙汝适 ちょうじょかつZhao Ru-kuo; Chao Ju-k`ua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙汝适
ちょうじょかつ
Zhao Ru-kuo; Chao Ju-k`ua

13世紀の中国の地理学者の太宗皇帝の8世の孫。泉州の提挙市舶に在任中,『諸蕃志』 (2巻,1225) を著わして,東南アジアインド洋,地中海方面の 45ヵ国の事情を伝えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の趙汝适の言及

【麻逸】より

…宋代,元代の中国の史書に記されたフィリピンのミンドロ島付近の名称。スペイン統治以前のフィリピン諸島に関する文献記録はきわめて少なく,その中でも最も古い記録は,中国人趙汝适が宋代の13世紀初めにまとめた《諸蕃志》に出てくる麻逸国の記述とみられている。麻逸国はミンドロ島付近をさすと考えられ,この記述は先スペイン期のフィリピン社会を知る貴重な史料である。…

※「趙汝适」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

趙汝适の関連キーワード麻逸

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android