身代限り(読み)シンダイカギリ

デジタル大辞泉の解説

しんだい‐かぎり【身代限り】

全財産を費やしてしまうこと。破産すること。
「そんなに度々引越しをしたら―をする許(ばか)りだ」〈漱石のそら音〉
江戸時代借金を返済できなくなった債務者に対し、が全財産を没収して債権者に与え、借金の弁償に充てさせたこと。身代切り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android