コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身代限り シンダイカギリ

デジタル大辞泉の解説

しんだい‐かぎり【身代限り】

全財産を費やしてしまうこと。破産すること。
「そんなに度々引越しをしたら―をする許(ばか)りだ」〈漱石・琴のそら音〉
江戸時代借金返済できなくなった債務者に対し、官が全財産を没収して債権者に与え、借金の弁償に充てさせたこと。身代切り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんだいかぎり【身代限り】

財産のすべてを費やしてしまうこと。破産。
江戸時代、借金の返済ができなくなった債務者に対し、公権力の命令でその財産の全部を債権者に与えて債務の返済にあてさせたこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

身代限りの関連キーワード公権力限り御薦破産命令

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android