コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車争ひ クルマアラソイ

2件 の用語解説(車争ひの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるま‐あらそい〔‐あらそひ〕【車争ひ】

平安時代、賀茂の祭り見物などで、牛車(ぎっしゃ)を止める場所をめぐって、従者たちが争うこと。落窪物語源氏物語などに描かれている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くるまあらそい【車争ひ】

物見に出かけた牛車を立てておく場を奪い合って、従者の間で争うこと。特に源氏物語の葵上あおいのうえと六条御息所みやすどころの従者たちの争いは有名。車立て論。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone