軽輩(読み)ケイハイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 言動の軽々しい者。〔布令必用新撰字引(1869)〕
② 身分の低い人。身分のいやしい者。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「斯る重大なる敕書(ちょくしょ)をば軽輩(ケイハイ)の手に取扱はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の軽輩の言及

【足軽】より

…【藤木 久志】 近世には武家奉公人の一種をいう。将軍,大名,直参,陪臣の諸家中にあって,武士階級の最下層〈侍・徒士(かち)の下位,中間(ちゆうげん)・小者の上位〉を形成し,士分に対して軽輩と称された。その存在形態はさまざまであった。…

【中間】より

…戦時には非戦闘員として小荷駄(こにだ)隊を形成し,平時には雑役に従事した。侍(騎兵)が士分と称されたのに対し,中間は足軽(歩兵)とともに軽輩といわれた。また足軽にはおよそ苗字帯刀が許されたが,中間にはそうしたことはなかった。…

【奉公人】より

…奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。御恩・奉公【佐藤 堅一】
【武家奉公人】
 近世初頭までは侍身分の者をも奉公人のうちに加えていたが,江戸時代では将軍や大名,旗本・御家人や大名の家中に雇用された若党(わかとう),足軽中間(ちゆうげん),小者(こもの),六尺,草履取(ぞうりとり),ときに徒士(かち)などの軽輩をさし,軽き武家奉公人ともいう。その平生の身分は百姓,町人であり,武家奉公中のみ家業として帯刀が許され,奉公さきの家来の取扱いをうけた。…

※「軽輩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android