コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通性嫌気性菌

栄養・生化学辞典の解説

通性嫌気性菌

 遊離酸素の存在があってもなくても生育,増殖できる

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の通性嫌気性菌の言及

【嫌気性菌】より

好気性菌の対語。酸素を嫌う程度は菌種によって異なり,遊離酸素のほとんどないところでのみ発育できる菌を偏性嫌気性菌と呼び,酸素がかなりあっても発育できる菌を通性嫌気性菌と呼ぶ。偏性嫌気性菌は,クロストリジウム,メタン細菌,硫酸塩還元細菌,大部分の光合成細菌などである。…

【好気性菌】より

…また,酸素が必要であっても,空気中よりも低い濃度の酸素分圧下で最もよく生育する細菌を微好気性菌と呼ぶ。酸素があっても,また少なくても生育できる細菌は通性嫌気性菌に分類される。ブドウ球菌,大腸菌,チフス菌など,大部分の細菌は通性嫌気性菌に属している。…

※「通性嫌気性菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通性嫌気性菌の関連キーワード通性嫌気性細菌好気性細菌嫌気性菌ビブリオ穿刺培養チフス菌放線菌

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android