コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊離 ユウリ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐り〔イウ‐〕【遊離】

[名](スル)
他と離れて存在すること。離れた存在となること。「仲間から一人遊離している」「庶民感情から遊離した政策」
単体または原子団が、他の物質結合せずに存在していること。また、それらが化合物から結合が切れて分離すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうり【遊離】

( 名 ) スル
他のものと離れて存在すること。 「現実から-した議論」 「クラスの中で-した存在になっている」
化合物中の結合が切れて、原子または原子団が分離すること。また、原子または原子団が結合をつくらずに、他の物質中に存在していること。ゴムに含まれる遊離硫黄、鉄に含まれる遊離炭素は後者の例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遊離の関連キーワードデイル‐フェルドバーグの法則トリフェニルクロロメタン複合甲状腺ホルモン指数ラジカルスカベンジャーフリーラジカル推進剤非エステル型脂肪酸アミノペプチダーゼペルオキソホウ酸塩脂質過酸化ラジカル遊離型天然ガス鉱床アミノ酸パターンゲル効果(重合)フェオフィチン血漿アミノ酸比通性嫌気性細菌フリーラジカルアミノグラム無遊離塩酸症ノーリッシュ通性嫌気性菌

遊離の関連情報