遊離(読み)ユウリ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐り〔イウ‐〕【遊離】

[名](スル)
他と離れて存在すること。離れた存在となること。「仲間から一人遊離している」「庶民感情から遊離した政策」
単体または原子団が、他の物質結合せずに存在していること。また、それらが化合物から結合が切れて分離すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうり【遊離】

( 名 ) スル
他のものと離れて存在すること。 「現実から-した議論」 「クラスの中で-した存在になっている」
化合物中の結合が切れて、原子または原子団が分離すること。また、原子または原子団が結合をつくらずに、他の物質中に存在していること。ゴムに含まれる遊離硫黄、鉄に含まれる遊離炭素は後者の例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊離の関連情報