コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造材 ゾウザイ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐ざい〔ザウ‐〕【造材】

伐採した木を適当な長さに切って木材にすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうざい【造材】

切り出した木の枝や皮を取り、用途に応じた長さに玉切りして、素材(丸太)にすること。 → 玉切り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の造材の言及

【伐木造材】より

…伐倒された木材は枝を切り,幹の元口から梢端に向かって一定の寸法(たとえば一般材は2m,柱材は3m)に玉切りして丸太にする。造材では樹皮をはぎ取ることもある。北山丸太などの優良材は,伐倒後,梢端に生きた枝を残し,剝皮しないで自然乾燥をうながし,材のひび割れを防ぐ。…

※「造材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

造材の関連キーワードホットアイソスタティック成形side frame単板積層材(LVL)きこり(木樵∥樵)溶岩状燃料含有物質鉄筋コンクリートカーテンウォール五重塔(建築)真壁(大壁)ジュラルミンチェーンソー女満別[町]レアメタル非構造部材素材生産建築工学非構造材心持ち材珪石煉瓦違星北斗

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造材の関連情報