作業(読み)サギョウ

  • さぎょう ‥ゲフ
  • さぎょう〔ゲフ〕
  • さごう ‥ゴフ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)仕事。また、仕事をすること。特に、一定の目的と計画のもとに、身体または知能を使ってする仕事。「修復作業にとりかかる」「徹夜で作業する」「作業能率」「農作業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
仕事。主として肉体労働を伴う仕事にいう。 農- 単純- -員 -服 -場
肉体あるいは精神を通して、ある具体的な結果を生み出すこと。 -効率
行為。所行。 サントスの御-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 体や頭脳を使って仕事をすること。また、その仕事。さくぎょう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一五「さはいへど今の傾国は作業(サゲウ)にいとまあらねば、其こころざしまで至らず」
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・濁江の空「伝へくる潜水夫(もぐりのひと)が作業にか」
② 工作の事業。
※商法(明治三二年)(1899)二六四条「作業又は労務の請負」
③ 刑務所で、囚人に科する科役(かえき)。強制作業と請願作業の二種がある。
※監獄法(明治四一年)(1908)二七条「作業の収入は総て国庫の所得とす」
④ キリシタン文学で、「行為」、「生涯」をいう。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)四「御ははさんたまりやのろざいろと申は、ぱあてるのすてる十五くん、あべまりや五十くんなり。これを御あるじでうすの御さげうにあてがひ奉り」
⑤ ある目的を実現するために行なわれる身心の活動。
〘名〙 (「ごう」は「業」の呉音) 仏語。
① 行為。また、行なうこと。
※梵舜本沙石集(1283)二「血を出す事は同じけれども、報を得る事は異也。善悪の意趣に寄るべし。作業(さごう)定りなし」 〔和英語林集成(初版)(1867)〕 〔北本涅槃経‐二二〕
② 浄土教で、信心をいう安心、念仏をいう起行に対し、その念仏の仕方、いわゆる四修、すなわち長時修・無間修・恭敬修(くぎょうしゅ)・無余修をいう。〔往生礼讚偈‐序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の作業の言及

【作業研究】より

…人および機械などの作業手段が対象体をある状態から他の状態へ変えるために行う活動を作業といい,作業手段とこの作業活動を作業システムという。作業システムの優秀性は,生産課題に対しての品質性能,コスト性能,生産能力性能が優れていること,故障しにくく保全性がよいこと,品種切替えが容易なこと,床面積が小さく空間占有が少ないこと,安全・快適・美観など人間性性能が優れていることによって決まる。…

※「作業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作業の関連情報