材木(読み)ザイモク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「さいもく」とも)
① 建築、家具、木工などの材料にする木。普通には、角材、板などに製材したものをいう。木材。用材。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※栄花(1028‐92頃)音楽「多くの榑(くれ)、ざいもくを持て運び」 〔孟子‐梁恵王上〕
② 年とった歌比丘尼の異称。
※浮世草子・傾城新色三味線(1718)四「何国にても歌びくにを丸太(まるた)と云けり。年寄たるを材木(サイモク)と云」
※浄瑠璃・極彩色娘扇(1760)六「ヱヱきつい材木(サイモク)や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の材木の言及

【木材】より

…このおもに利用される部分を素材と呼ぶが,素材はまた加工を加えない木材部分を指すこともある。なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。…

※「材木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

材木の関連情報