材木(読み)ざいもく

精選版 日本国語大辞典「材木」の解説

ざい‐もく【材木】

〘名〙 (「さいもく」とも)
① 建築、家具、木工などの料にする木。普通には、角材、板などに製材したものをいう。木材用材。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※栄花(1028‐92頃)音楽「多くの榑(くれ)、ざいもくを持て運び」 〔孟子‐梁恵王上〕
② 年とった歌比丘尼の異称。
※浮世草子・傾城新色三味線(1718)四「何国にても歌びくにを丸太(まるた)と云けり。年寄たるを材木(サイモク)と云」
浄瑠璃・極彩色娘扇(1760)六「ヱヱきつい材木(サイモク)や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「材木」の解説

【材木】ざいもく

木材。〔孟子、梁恵王上〕斧斤時を以て山林に入らば、材木(あ)げて用ふべからず。

字通「材」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の材木の言及

【木材】より

…このおもに利用される部分を素材と呼ぶが,素材はまた加工を加えない木材部分を指すこともある。なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。…

※「材木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android