逢う時はいつも他人

デジタル大辞泉プラスの解説

逢う時はいつも他人

米国の作家エヴァン・ハンター(エド・マクベインの本名)の犯罪小説(1958)。原題《Strangers When We Meet》。1960年リチャード・クワイン監督で映画化。

逢う時はいつも他人

1960年製作のアメリカ映画。原題《Strangers When We Meet》。エヴァン・ハンター(エド・マクベインの本名)の同名小説の映画化。監督:リチャード・クワイン、出演:カーク・ダグラス、キム・ノバクほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android