コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逢坂越 オウサカゴエ

デジタル大辞泉の解説

おうさか‐ごえ〔あふさか‐〕【逢坂越】

三重県の伊勢市志摩市との境にある峠。逢坂峠。また、そこを越えること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうさかごえ【逢坂越】

三重県中部、伊勢市と志摩市の境の峠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逢坂越の関連キーワード六条斎院物語合堤中納言物語東海道本線雲隠る三重県逸りか小式部逢坂山様好し欠ぶ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android