コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逢坂峠 おうさかとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逢坂峠
おうさかとうげ

三重県志摩半島,伊勢市志摩市の境にある。標高 243m。古くから伊勢市と志摩地方を結ぶ交通の要地で,かなりの難所であったが,1965年志摩路トンネルが完成,伊勢道路が通じている。

逢坂峠
おうさかとうげ

和歌山県中南部,田辺市にある紀伊山地の峠。熊野街道中辺路がこの峠を越えて通じる。標高 549m。現国道 311号線に沿い,1990年に新逢坂トンネルが完成。富田川日置川分水界をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

逢坂峠の関連キーワード逢坂越

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android