コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志摩 しま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志摩
しま

三重県志摩半島南端,先志摩半島を占める地区。旧町名。 1954年和具町と片田,布施田,越賀,御座の4村が合体して発足。 2004年 10月,浜島町,大王町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。地名は古代以来の国名による。南は勇壮な熊野灘に臨み,北部に静かな英虞 (あご) 湾の一部を含む。その景観は対照的で,御座の金比羅山 (99m) からの眺望はすばらしい。耕地は少なく,養殖漁業 (ハマチ,真珠) と海女漁業 (アワビ,サザエ,イセエビ) が行なわれる。中心地区の和具の南沖合いにある大島と北西の御座の海岸にはハマユウの群落地がある。全域が伊勢志摩国立公園に属し,キャンプ場などがある。

志摩
しま

福岡県北西部,糸島市北部の旧町域。糸島半島西部とその西方にある姫島からなる。1955年可也村,桜野村,小富士村,芥屋村の 4村が合体して志摩村が発足。1965年町制。2010年前原市,二丈町と合体して糸島市となった。主産業は農業で,米作のほかミカン,ブドウ,イチゴ,スイカ,野菜の栽培が中心。沿岸漁業,タイの養殖も行なわれる。海食玄武洞の芥屋ノ大門(国指定天然記念物)をはじめ国指定重要文化財の阿弥陀如来像を寺宝とする西林寺,野北牧場,姫島の野村望東尼配流地,「小富士(筑紫富士)」の異名をもつ可也山(365m)など遺跡や名所が多く,可也山と海岸の大部分は玄海国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しま【志摩】

旧国名の一。東海道に属し、現在の三重県東部、志摩半島鳥羽市、志摩市にあたる。志州
三重県、志摩半島南東部の市。伊勢海老や鮑(あわび)などの漁業や真珠養殖が盛ん。平成16年(2004)浜島(はまじま)町、大王(だいおう)町、志摩町、阿児(あご)町、磯部(いそべ)町が合併して成立。人口5.5万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しま【志摩】

旧国名の一。三重県志摩半島の東部に相当。
三重県東部、志摩半島南部の市。伊勢志摩国立公園に属する。漁業と観光業が発達。英虞あご湾は真珠養殖で有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

志摩の関連キーワード三重県志摩市磯部町栗木広三重県志摩市志摩町布施田三重県志摩市磯部町三ケ所三重県志摩市磯部町下之郷三重県志摩市浜島町桧山路三重県志摩市阿児町甲賀三重県志摩市磯部町山原三重県志摩市磯部町的矢三重県志摩市磯部町桧山三重県志摩市阿児町立神三重県志摩市磯部町山田三重県志摩市浜島町南張三重県志摩市志摩町越賀三重県志摩市阿児町国府三重県志摩市磯部町坂崎三重県志摩市阿児町神明三重県志摩市大王町船越三重県志摩市磯部町築地三重県志摩市大王町畔名三重県志摩市大王朝名田

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志摩の関連情報