コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志摩 しま

4件 の用語解説(志摩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志摩
しま

三重県志摩半島南端,先志摩半島を占める地区。旧町名。 1954年和具町と片田,布施田,越賀,御座の4村が合体して発足。 2004年 10月,浜島町,大王町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

志摩
しま

福岡県北西部,糸島市北部の旧町域。糸島半島西部とその西方にある姫島からなる。1955年可也村,桜野村,小富士村,芥屋村の 4村が合体して志摩村が発足。1965年町制。2010年前原市,二丈町と合体して糸島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しま【志摩】

旧国名の一。東海道に属し、現在の三重県東部、志摩半島の鳥羽市、志摩市にあたる。志州。
三重県、志摩半島南東部の市。伊勢海老や鮑(あわび)などの漁業や真珠養殖が盛ん。平成16年(2004)浜島(はまじま)町、大王(だいおう)町、志摩町、阿児(あご)町、磯部(いそべ)町が合併して成立。人口5.5万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しま【志摩】

旧国名の一。三重県志摩半島の東部に相当。
三重県東部、志摩半島南部の市。伊勢志摩国立公園に属する。漁業と観光業が発達。英虞あご湾は真珠養殖で有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志摩の関連情報