連合軍共同墓地(読み)れんごうぐんきょうどうぼち

世界の観光地名がわかる事典の解説

れんごうぐんきょうどうぼち【連合軍共同墓地】

タイ西部のカンチャナブリ市にある第二次世界大戦中の連合軍兵士の墓地。戦争中、日本軍はビルマ(ミャンマー)への補給路として泰緬鉄道を建設、カンチャナブリ郊外を流れるクワイ川(クウェー・ヤイ川)の鉄道橋建設に、多くの連合軍捕虜を動員した。この建設工事などで死去した連合軍兵士6982人が埋葬されている。◇正式名称は「The Kanchanaburi War Cemetery」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android