コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続立体交差事業

2件 の用語解説(連続立体交差事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連続立体交差事業

朝のラッシュ時に1時間あたり40分以上閉まっている踏切の解消やまちづくりのため、鉄道の一定区間を連続して高架化または地下化して、道路と立体交差できるようにする事業。東京の場合、都が事業主体になり、事業費のうち、国が47~50%、都が27~28%、地元市区と鉄道会社がそれぞれ10~14%負担する。

(2014-03-01 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の連続立体交差事業の言及

【立体交差】より

…とくに鉄道と道路が平面交差する踏切は交通安全と交通円滑化のうえで問題があり,原則として立体的に交差させる必要がある。1ヵ所の踏切を立体交差化する単独立体交差事業に対し,鉄道を高架,堀割りまたは地下化することにより,複数の踏切を立体交差化する事業を連続立体交差事業と呼び,これら事業の費用は鉄道と道路側が分担するルールができている。 道路相互の立体交差の場合,交差する道路相互の交通が,その場所で不可能な場合と可能な場合があり,後者は一般にインターチェンジと呼ばれる。…

※「連続立体交差事業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連続立体交差事業の関連情報