連隊旗(読み)れんたいき

精選版 日本国語大辞典「連隊旗」の解説

れんたい‐き【連隊旗】

〘名〙 旧日本陸軍の連隊を表示するため、歩兵連隊・騎兵連隊に限って所有した旗の俗称。連隊創設の時、天皇から連隊長に親授した。軍旗。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連隊旗の言及

【軍旗】より

…旧日本陸軍の連隊旗をいう。歩兵・騎兵各連隊の創設に際し天皇より親授されたもので,廃止連隊の軍旗は宮中へ返還された。…

※「連隊旗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android