コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連隊 れんたい regiment

翻訳|regiment

4件 の用語解説(連隊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連隊
れんたい
regiment

大隊をいくつか集めて編制する戦術単位の部隊。3~4個連隊で独立した作戦実施能力をもつ戦略単位としての1師団となる。また2~3個連隊で戦術単位としては最大の1旅団を形づくることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れん‐たい【連隊/×聯隊】

軍隊の部隊編制単位の一。一般に、旅団の下、大隊の上に位置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

連隊【れんたい】

陸軍の部隊の単位の一つ。単独の兵科で編制され,平時は一つの兵営に集結し,戦時には戦術単位となる。師団または旅団の下の単位で,数個の大隊または中隊で構成。第2次大戦後連隊は複合的な機能をもつ戦闘組織に変化しつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れんたい【連隊 regiment】

軍隊の編成上の一単位。本来は単一の兵種で固有の編成をもつ最大の部隊。その歴史は古く,歩兵,戦車,砲兵等の各連隊があり,師団の基幹部隊としての役割を果たしてきた。しかし,旧来の師団・連隊・大隊・中隊の編成のタイプは,旧ソ連軍等にはみられたものの,アメリカイギリス西ドイツ軍等では核戦下における機動的な部隊運用の必要性等から連隊は廃止され,師団・旅団・大隊・中隊のタイプに変わってきている。旧日本陸軍では,1873年(明治6)1月,6個鎮台に14個連隊を編成したのに始まり,通常,旅団の下,大隊の上にあって2~3個大隊で編成され,歩兵・騎兵・重砲兵・野砲兵連隊等に分けていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連隊の関連キーワード師団小隊大隊中隊分隊歩兵講座制隊長部隊八拍子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連隊の関連情報