コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進水台 シンスイダイ

デジタル大辞泉の解説

しんすい‐だい【進水台】

進水のとき、建造した船体造船台から滑らせて下ろす装置

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の進水台の言及

【進水】より

…船尾から進水させるのは,船の一端が浮揚するときにもう一端に加わる大きな力を受けもつのは,船尾より強固につくられている船首のほうがよいこと,早く浮かべ,そして行き足を早く止めるには太い船尾を先に入れたほうがよいことなどの理由からである。進水に先立ち,船台上に固定台と船体をのせて滑る滑走台からなる進水台が通常,2条設けられる(固定台は水面下かなり先まで延ばしてある)。固定台と滑走面の間には牛脂とパラフィンが塗られ,船体が滑りやすくなる方法が取られていたが,最近は鋼球を使ったボール進水法が多く採用されている。…

※「進水台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

進水台の関連キーワード進水

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android