コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐(ゆざ)の小正月行事

1件 の用語解説(遊佐(ゆざ)の小正月行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

遊佐(ゆざ)の小正月行事

山形県飽海(あみ)郡遊佐町に伝わる民俗芸能海沿いの地区に残る小正月の行事で、鬼の面をつけ藁蓑を身につけた「アマハゲ」と呼ばれる若者たちが家々を巡って怠け者や泣く子を戒め、餅を配る。1999年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊佐(ゆざ)の小正月行事の関連キーワード山形県飽海郡遊佐町江地山形県飽海郡遊佐町北目山形県飽海郡遊佐町小松山形県飽海郡遊佐町菅里山形県飽海郡遊佐町杉沢山形県飽海郡遊佐町豊岡山形県飽海郡遊佐町比子山形県飽海郡遊佐町吹浦山形県飽海郡遊佐町遊佐山形県飽海郡遊佐町吉出

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone