コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運河トン数 うんがトンすう

1件 の用語解説(運河トン数の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

運河トン数【うんがトンすう】

運河通行料金の基準となる船のトン数スエズパナマ両運河には特有の積量測度規定があって,通行料金はその純トン数で徴収される。通常両運河を航行する可能性のある船舶は,建造時に両運河の規定によるトン数を算定し,あらかじめ用意した運河トン数証書を携行している。
→関連項目船舶トン数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の運河トン数の言及

【船舶トン数】より

…船の大きさを表す単位としてトン数が用いられるが,これには大別して船の大きさの指標であるトン数と,重量を表すトン数とがある。前者のトン数は船の容積を基として算出され,総トン数,純トン数,運河トン数などの区別があるが,あくまでも大きさの指標であって物理的な意味の単位ではない。後者の重量を表すトン数には排水量,載貨重量などがあり,この単位は重量のトンである。…

※「運河トン数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運河トン数の関連キーワード規範通行税純トン数総トン数出る船の纜を引く通行銭トン数橋銭基準値ETCを使った通行料金の割引制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone