コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運河トン数 うんがトンすう

百科事典マイペディアの解説

運河トン数【うんがトンすう】

運河通行料金の基準となる船のトン数。スエズ,パナマ両運河には特有の積量測度規定があって,通行料金はその純トン数で徴収される。通常両運河を航行する可能性のある船舶は,建造時に両運河の規定によるトン数を算定し,あらかじめ用意した運河トン数証書を携行している。
→関連項目船舶トン数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の運河トン数の言及

【船舶トン数】より

…船の大きさを表す単位としてトン数が用いられるが,これには大別して船の大きさの指標であるトン数と,重量を表すトン数とがある。前者のトン数は船の容積を基として算出され,総トン数,純トン数,運河トン数などの区別があるが,あくまでも大きさの指標であって物理的な意味の単位ではない。後者の重量を表すトン数には排水量,載貨重量などがあり,この単位は重量のトンである。…

※「運河トン数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android