コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山記念館付属美術館 とおやまきねんかんふぞくびじゅつかん

1件 の用語解説(遠山記念館付属美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠山記念館付属美術館
とおやまきねんかんふぞくびじゅつかん

財界人遠山元一が生母のために建てた純日本風の建物を利用し,1968年埼玉県比企郡川島町に設立した遠山記念館の付属施設として,70年に開設した遠山コレクションを公開する美術館。日本,中国の書,絵画,工芸品約 300点,中近東の土製品,ガラス器約 1160点,インカ土器約 160点,世界各地の染織品約 900点のほか,コプト織約 4800点など,重要文化財5点を含む約1万 1000点を収蔵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠山記念館付属美術館の関連キーワード下戸の建てたる倉も無し財界人政官財炭住文塚杵築宮禅林寺殿遠山記念館遠山一行遠山元一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone