コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠淡海/遠江 トオツオウミ

デジタル大辞泉の解説

とおつおうみ〔とほつあふみ〕【遠淡海/遠江】

浜名湖のこと。琵琶湖を「近つ淡海」というのに対し、都から遠い湖の意。また、遠江(とおとうみ)古称
「―引佐(いなさ)細江の水脈(みを)つくし我(あれ)を頼めてあさましものを」〈・三四二九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の遠淡海/遠江の言及

【浜名湖】より

…最大深度12.2m。かつては砂州で遠州灘と隔てられた淡水湖で,近江国の琵琶湖に対して遠淡海(とおつおうみ)と呼ばれた。湖の北部から南西にのびる大崎半島,村櫛半島によって分けられる北西部の猪鼻湖,北東部の引佐(いなさ)細江,東部の庄内湖をはじめ,松見ヶ浦,内浦など入江が多く,南は今切口(いまぎれぐち)で遠州灘に通じる。…

※「遠淡海/遠江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遠淡海/遠江の関連キーワード近つ淡海・近江近江・淡海静岡(県)近藤玄瑞遠江国いなさ遠江

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android