コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜名湖 はまなこ

7件 の用語解説(浜名湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜名湖
はまなこ

静岡県南西部,遠州灘に出口をもつ汽水湖。面積 65km2。周囲 114km。最大水深 16.6m。陸地内部の陥没地に海水が浸入し,砂嘴の発達で海水の入口が閉鎖されたが,明応7 (1498) 年の大地震と津波で湖口が生じ再び海とつながった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまな‐こ【浜名湖】

静岡県南西部にある汽水湖。もとは淡水湖で、琵琶湖を近淡海(ちかつおうみ)とよぶのに対して遠淡海(とおつおうみ)とよばれた。明応7年(1498)の地震の際の津波により、南部の今切(いまぎれ)で遠州灘(えんしゅうなだ)とつながった。ウナギの養殖が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜名湖【はまなこ】

静岡県南西部の汽水湖。面積64.91km2,最深12.2m。1498年の津波で遠州灘への開口部今切(いまぎれ)を生じ,ここを東海道本線・新幹線が通過する。
→関連項目新居[町]新居関今切渡海跡湖北[区]湖西[市]静岡[県]遠江国豊川中[区]西[区]浜松[市]細江[町]舞阪[町]三ヶ日[町]雄踏[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はまなこ【浜名湖】

静岡県西部の汽水湖。面積は北部の猪鼻(いのはな)湖(5.5km2)を含め68.8km2と日本第10位であるが,湖岸線は屈曲に富み延長103kmで琵琶湖霞ヶ浦に次いで第3位である。最大深度12.2m。かつては砂州で遠州灘と隔てられた淡水湖で,近江国の琵琶湖に対して遠淡海(とおつおうみ)と呼ばれた。湖の北部から南西にのびる大崎半島,村櫛半島によって分けられる北西部の猪鼻湖,北東部の引佐(いなさ)細江,東部の庄内湖をはじめ,松見ヶ浦,内浦など入江が多く,南は今切口(いまぎれぐち)で遠州灘に通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまなこ【浜名湖】

静岡県南西部にある湖。面積約69平方キロメートル。1498年の地震に伴う津波で今切いまぎれ口が生じ、遠州灘と通じて汽水湖となった。ウナギの養殖で知られる。近つ淡海ちかつおうみ(琵琶湖)に対して、遠淡海とおつおうみと呼ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕浜名湖(はまなこ)


静岡県南西部にある海跡湖。過去、地震・津波などにより何度も塩水湖と淡水湖の時期が交替したとされるが、最終的には1498年(明応(めいおう)7)の地震によって今切(いまきれ)の湖口ができ、遠州灘(えんしゅうなだ)に通じる汽水湖となった。面積65.0km2。古称、遠淡海(とおつおうみ)。湖岸は出入りが多く複雑で、村櫛(むらくし)半島・大崎(おおさき)半島・庄内(しょうない)半島で猪鼻(いのはな)湖、引佐細江(いなさほそえ)、松見ヶ浦(まつみがうら)、内浦(うちうら)などの支湖や入江がつくられる。南部の湖口近くに弁天(べんてん)島がある。富栄養湖のため魚介類が豊富で、クルマエビ・カニ・スッポン・ウナギの養殖が盛ん。北岸にミカン園が広がる。ヨット・釣りのほかロープウエーが通じ、湖上遊覧ができる。舘山寺(かんざんじ)温泉・弁天島温泉などの温泉がわき、南部には競艇場がある。県の名勝で、浜名湖県立自然公園に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜名湖
はまなこ

静岡県南西部にある湖。古くは遠淡海(とおつおうみ)ともよばれた。湖岸の東側から北側は浜松市に面し、西側は湖西(こさい)市に面する。面積は猪鼻(いのはな)湖を含めて70.4平方キロメートル、周囲103キロメートル、最大深度12.2メートル。湖奥は大崎半島に囲まれた猪鼻湖、東部は村櫛(むらくし)半島により引佐細江、和地支湾、内浦、西岸は松見浦など湾入が多く、肢節に富んでいる。また水深は北部が深く、南部が浅くなり、湖口部には大瀬、碇瀬(いかりせ)など水深1メートル以下の所もある。東部の三方原(みかたはら)の隆起と侵食谷の発達、気候変化に伴う海水面の変化によって海岸の砂州が閉じられてできた淡水湖で、平安時代、砂州の上を東海道が通り、浜名川には架橋され、橋本宿は繁栄を極めた。1498年(明応7)、地震の際の津波によって砂州が決壊して今切(いまぎれ)口とよばれる湖口が開け、海水が流入して汽水湖が形成された。今切は東海道の新居と舞坂の宿の間にあたり渡船が行われ、新居の関も設けられた。現在浜名バイパスの浜名大橋で結ばれている。浜名湖は富栄養湖のうえ汽水湖のため魚貝類の種類が多く、魚類200種、貝類70種、甲殻類30種などのほか藻類も多い。袋網、流(ながし)網、刺(さし)網などの漁法による湖面漁業も盛んである。浅瀬のアサリ採貝、ノリ、カキの養殖、ウナギ、スッポンの養殖も行われている。観光資源も豊富で、舘山寺(かんざんじ)温泉、フラワーパークや動物園、弁天島温泉、礫(つぶて)島、三ヶ日ミカンの観光農場などがあり、浜名湖巡りの遊覧船も就航している。北岸を天竜浜名湖鉄道、大崎半島に浜名湖レークサイドウェーが走る。また、東名高速道路の浜名湖橋のほか、はまゆう大橋、浜名湖大橋などが架橋されている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜名湖の言及

【今切渡】より

…東海道舞坂宿・新居(あらい)宿間の渡船場。遠江国(静岡県)の浜名湖は,元来淡水湖で湖から遠州灘まで浜名川が流れ,そこに浜名橋が架けられていた。しかし,1498年(明応7)と1510年(永正7)の地震・津波により決壊して〈今切〉となり,交通は新居~舞坂間27町を渡し船に頼ることになった。…

【遠江国】より


【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。国名は〈琵琶湖=近ッ淡海〉(近江)に対する〈浜名湖=遠ッ淡海〉(遠江)に由来するとされている。7世紀の中葉,遠淡海,久努,素賀の3国造の支配領域を併せて成立したものと思われる。…

※「浜名湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜名湖の関連キーワード海跡湖神西湖筑後直下型地震袋井相良〈町〉静岡県周智郡静岡県榛原郡静岡県掛川市南西郷静岡県周智郡森町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜名湖の関連情報