適合度検定(読み)てきごうどけんてい(英語表記)test of goodness of fit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「適合度検定」の解説

適合度検定
てきごうどけんてい
test of goodness of fit

一般に,実験値に理論 (仮説) に基づく推定値がよく合っているかどうかを調べること。統計的推論において重要視され,χ2 検定 (カイじじょうけんてい) が多く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の適合度検定の言及

【標本分布】より

…一方で,母集団の分布が(仮説の指定する)特定の分布であるかどうか仮説検定をすることができる。これを適合度検定という。 特性量ξの性格から,ξの分布は,正規分布,一様分布,指数分布,ポアソン分布などと自然に定まる場合もある。…

※「適合度検定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android