コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推論(読み)スイロン

デジタル大辞泉の解説

すい‐ろん【推論】

[名](スル)ある事実をもとにして、未知の事柄をおしはかり論じること。「実験の結果から推論する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいろん【推論】

( 名 ) スル
ある事実をもとにして、他の事をおしはかること。推理や推定を重ねて結論を導くこと。 「調査結果から事故原因を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の推論の言及

【機械学習】より

…あるいは単語の出現頻度などから文章の意味の近さを(ある程度)学習することさえ可能であると考えられている。
[ベイズ]
 仮定の成立する確率やその仮定の下での結論の確率(条件つき確率という)を学習しそれを推論に用いることができる。通常の記号推論のみの場合と異なり,結論が確率つきで得られる。…

【機械推論】より

…いろいろな情報を組み合わせて新たな結論を導くことは人間の主要な知的活動である。情報科学や人工知能の研究においては,そのような知的活動を推論と呼び,コンピューター上で推論を実行させることを機械推論もしくは自動推論automated reasoningと呼んでいる。 人間が行っている推論にはいろいろある。…

【推理】より

…一般的には,いくつかの前提命題A1,……,An(n≧1)からある一つの結論命題Bを導き出すことを推理(推論reasoning)といい,演繹的推理(または論理的推理)と帰納的推理がその代表的な例であるといえる。しかし厳密な意味での〈推理〉としては,論理的に正しい推理をさすことが多い。…

【論理学】より


[思考・知識]
 われわれがものを〈考える〉とき,われわれは思考に先立ち存立する世界を対象とし,そこにはかくかくの事態がなりたつという判断をくだす。次にわれわれは,この事実判断を基礎(前提)にして,ある事柄を推論する。一般に思考と称せられる人間の行為は,まさにこの推論の過程において現れるのである。…

※「推論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推論の関連情報