コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択係数 selectivity coefficient

法則の辞典の解説

選択係数【selectivity coefficient】

イオン交換において,2種のイオンの選択性を表す係数.添え字RとSはそれぞれの樹脂相,溶液相におけるイオンの濃度を表すと,A,B両イオンの選択係数 KBA

となる.ここで[A],[B]はそれぞれのイオンの当量濃度である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内の選択係数の言及

【イオン交換】より


[イオン交換平衡]
 イオン交換体に捕捉交換されるイオンの量と水溶液中のイオン濃度との間の関係を決めるのがイオン交換平衡であるが,例として,陽イオン交換体において液中のイオンAが交換体中の固定イオンRと結合しているBイオンと交換する場合を考える。すなわち反応 A+BR⇄B+ARにおける選択係数KBAとして,を定義すると,RがBに比してAを選択的に捕捉する場合はKBAが大きい値となる。イオン交換は等量のイオンの間で起こるので,液中の全イオン濃度CT=[A]+[B]および交換体中の容量QT=[AR]+[BR]はイオン交換の前後で一定である。…

※「選択係数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android