コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄂王 がくおう

世界大百科事典内の鄂王の言及

【岳飛】より

…こうして軍事権の回収にも,講和条約にも反対であった岳飛が謀反の嫌疑で逮捕,毒殺されたのは同年12月,39歳の若さであった。秦檜が世を去り,ふたたび金との緊張が高まるなかで,岳飛の名誉回復が図られ,78年(淳熙5),武穆(ぶぼく)と諡(おくりな)され,1204年(嘉泰4)には鄂王に追封された。南宋末の講談では中興の名将の一人として語られ,モンゴル族支配下の元代では漢人から救国の英雄としてもてはやされた。…

※「鄂王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone