酒の司/酒の長(読み)クシノカミ

デジタル大辞泉の解説

くし‐の‐かみ【酒の司/酒の長】

酒のことをつかさどる首長
「この御酒(みき)は我が御酒ならず―常世(とこよ)にいます」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の酒の司/酒の長の言及

【酒】より

…【麻井 宇介】
[日本]
 酒は古くはひとりで飲むものではなく,集団の儀礼のなかにあって飲むものであった。集団の儀礼は神と人との交流の場であり,そこで用いられた酒は少彦名命大物主神などの酒の司(くしのかみ)によりもたらされたものとされていた。倭人が酒をたしなんだことは,3世紀の《魏志倭人伝》の記すところである。…

※「酒の司/酒の長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android