コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こざけ

大辞林 第三版の解説

こざけ【醴】

〔「こさけ」とも。濃い酒の意〕
昔、米・麴こうじ・酒をまぜ、一夜で醸造した酒。現在の甘酒のようなもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【酒】より

… 殷(いん)の(ちゆう)王が〈酒池肉林〉の遊びにふけって国を滅ぼすにいたったことは史上に名だかいが,《書経》酒誥(しゆこう)篇には周公の言葉として,殷の遺民のなかに酒をたしなむものが多いのは紂王の感化によるものだとのべ,酒は祭祀にだけ用い,ふだんに飲んではならぬと戒めている。たしかに祭祀に酒はつきものであって,《周礼(しゆらい)》によると,王室の酒がかりの酒正は〈五斉〉と〈三酒〉をつかさどり,泛(へん),醴(れい),盎(おう),緹(たい),沈(ちん)の〈五斉〉はすべて神にそなえられた。しかし人間の飲む酒が忘れられているわけではなく,事酒,昔酒,清酒の〈三酒〉がそれであった。…

【甘酒】より

…一夜(ひとよ)酒ともいい,醴(れい)とも書く。醴は,中国で古く行われており,日本でも応神紀に名が見える。…

※「醴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

醴の関連キーワードウーコンシャン(武功山)山脈開心寺址五層石塔ジョン・ソムン九成宮醴泉銘造酒司・酒司開心寺址石塔泉井 久之助松本 芳翠墨書土器宇野醴泉衡平運動元正天皇葛野羽衝御神酒権相老顔真卿日知会こうじ造酒司欧陽詢

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

醴の関連情報